「雨」と「雪」髪に悪いのはどっち? | 美容室JOY GROUP 公式サイト | 江坂・茨木・上新庄で美容院をお探しの方へ

STAFF BLOG
スタッフブログ

「雨」と「雪」髪に悪いのはどっち?

2017-01-14

村上慶太/ スタイリスト

こんにちは!

 

先日から寒いな〜って思ったら、今日はとうとう雪。

結構、降って来ました!

それもすごい量です!

ヤバいっす。

 

 

こんな感じです。

大阪でこれは、珍しいです。

 

 

ほんまに大阪かいな?

車の中からは、こんな感じです。

 

 

ワイパーでごっそりの瞬間は、動画で(笑)



中々すごいでしょ。

明日が心配。

雪だるまも完璧にできます。

雪だるまに関しては先日のブログで小ネタを書きました。

その記事は「こちら」です。

 

まあ、交通機関も心配なんですが、実は髪に対しても重大な問題が雪にはあるんです!

タイトルにもしましたが「雨と雪」で髪に悪影響なのは…

ズバリ!

「雪」です!

そう、「」なんです。

 

「雨の方がクセも出てウネウネになるやん!」

って、言われそう…。

 

でもね、ある意味、ウネウネするだけですから。

 

そして問題の「雪」です。

「雪」が悪いというより、「雪」が降る状況が悪いんです。

「雪」が降る状況を考えてみる。

1、気温がかなり低い(マイナスに近い)

2、雨が降ってくる。(空気中にチリがある)

ってところかな。

気温が低いってことは、水分は凍結してしまいます。

冬って、「乾燥」するでしょう。

そう、厳密にはこの「乾燥」が超悪い!

「乾燥」って空気中に水分がないって事ですから。

 

感じたことないですかね?

スキーやスノボに行ったゲレンデより大阪の方が寒く感じること。

気温は、ゲレンデ付近の方が低いはず。

でも、湿度の加減で大阪の方が寒く感じます。

この「湿気」がポイントです。

 

「湿気」が無いってことは、「乾燥」し髪から水分を奪います。

「静電気」も帯びます。

この「静電気」も悪い。

 

ってことで、何もいいことがないんです。

スキーやスノボに行かれる方は、必ずニット帽などで髪が凍結しないようにしてください。

温まって水分になって入ればかなりマシですから。

 

ちなみに「雪」でも積もらない「ベチャ雪」はそんなに問題ないですからね。

雪が降って来たら、フードやニット帽で寒さ対策と「髪の乾燥対策」を心がけてくださいね。

 

でも、雪は、なんかワクワクするんですけどね。

その他のブログ
ブログ一覧に戻る