バグジーの講習 | 美容室JOY GROUP 公式サイト | 江坂・茨木・上新庄で美容院をお探しの方へ

STAFF BLOG
スタッフブログ

バグジーの講習

2006-08-11

村上慶太/ スタイリスト

オムサさん主催の「心の経営」の講習に行ってきました。


今回は、前回同様バグジーの久保先生の講習。


 


今回、たくさんのエッセンスをもらいました。


久保先生曰く、「あとからジワジワ効いてくるよ」って。


 


今回の始めに経営理念の作り方をレクチャーしてもらいました。


まずは、技術・商品、社員さん、お客さん、地域


この4つに対してどうありたいかを文で書く。


たとえば「技術・商品に妥協せず常に勉強を続ける」みたいな感じ。


文が4つ出来上がったら、その文を一言に表します。


たとえば技術・商品に関して「向上心」見たいな感じ。


出てきた4つの言葉をまとめたものが「理念」になる。


理念とは、自社のになるもの。


判断基準であり、考えの方の機軸のなるものです。


 


そこから連想できる言葉を10個ほど書き出す。


その言葉を文章にしたものが「ミッションステイトメント」となる。


これもどう考えていくかの基準になる。


 


経営の4つの柱を再構築


1、社員の為の会社作り


2、お客様の為の会社作り


3、地域・社会に貢献できる会社作り


4、最高の技術・商品を提供し続けれる会社作り


この4つをチェックして出来ているかを常に自問自答していく。


 


バグジー流の技術とは


カウンセリング技術(カットやカラーなど)・テクニカルトークの3つで技術という。


カウンセリングとは、お客様の悩みや要望を聞きどういう技術をすればいいか選ぶ技術


技術とは、いくら接客や知識などがあっても根底となる技術が無くては、いけない。ここは、譲れないものである。


テクニカルトークは、やっている(やった)技術についての説明をすることでこれは、納得させる技術である。


技術の向上というならこの3つの技術を磨いていく必要がある。


 


社員の成長(幸せ)を考えていくなら、人材育成にもっと時間とお金を投資すること。


リーダーをダメにする敵達


1、過去の成功体験


経験、スキルがあるために人を批判してします


2、私欲が強い


自分の欲深さだけでは、人がついて来ない


3、官僚主義


現実が見えない、スピード感がない


4、仕事のやりすぎ


仕事のメリハリをつける。情報が入らない


5、計算しすぎ


考えすぎで動けない。ユーモアがなくなる。


6、交友関係


自分の物差しが狂う。友達は、がんばっていて勇気をくれる人にしておく。


 


「修己治人」


人を治める立場の人は、まず自分を治める改めること


 


「失敗は、次の成功の大きな要因になる」


真の失敗とは「やらないこと」「失敗したままであること」である。


 


「目の前の事より10年、20年後の為に種をまこう」


今、利を生まずとも、先々の為に仕事をもとう


 


「知足について」


足るを知ること


イライラしたり頭にきたり、落ち込んだり、悩んだりするのは「自分の心」が全てを決めています。


世の中には、もっと辛く苦しい人は、たくさんいます。


そこで「このくらいでよかった、ラッキーだった」と思える考え方をしていきます。


うまく行く事ばかりの人生は、ありません。


ただどう受け止めどう生き抜くかです。


自分たちに起こる問題は、自分に合った必要なことしか起こらないそうですし。


 


などと、書ききれないほどのエッセンスをいただきました。


これがジワジワと効いてくるんでしょう。


本当に心が洗われる講習会でした。


 

その他のブログ
ブログ一覧に戻る