『伝える』と『伝わる』って、大きな違い | 美容室JOY GROUP 公式サイト | 江坂・茨木・上新庄で美容院をお探しの方へ

STAFF BLOG
スタッフブログ

『伝える』と『伝わる』って、大きな違い

2016-05-19

村上慶太/ 代表

こんにちは!

今日は、朝から茨木のエルフォートに行ってミーティングに参加。

店長が昨日の幹部会を元に店内でのミーティングをしてました。



一生懸命に色んな事を伝えてくれてます。
でも、スタッフの反応がイマイチだったりします。
コレって、すごく大事なポイントだと思います。

その後は、ミーティングしてからまた、別の会議に参加。

美容室のオーナーの集まりで沢山の情報交換。



今回は、No.2の方々も来ていて、情報の擦り合わせをしてました。

その中でも『言った』『言ってない』という、レベルの低い話でなく、
理解の度合いが少しありました。

なんで、そんな事になるんやろうかって、思うんですよね。

たぶん、うちの店長の例でもあるように伝える側は、必死に『伝える』んですよ。
でも、それが上手く『伝わらない』事も有ります。

伝わる』でも、『少し違って伝わる』ことも有ります。
これは、聞く側がもしかしたら
思い込み
で聞いている事もあると思うんです。
あ~この事やな」って。
そうやって聞くと、自分の中でそういう風に聞こえてくるんよね。

こんな事って日常的によくあることだと思うんですよね。

藤村先生がよく
『伝わってないのは、存在してないのと同じ』
って、言われてます。

まさにそうだと思います。
一生懸命に伝えるのにね。
伝わらない
伝わり違い
が起こると、悲惨としか言いようがない。

だからもっと伝え方の勉強もしようと思う。
伝えたいことだけでなく、その背景や思いまで伝わるように。

スタッフやお客様にも伝わるように。

伝わったかな?

Category

その他のブログ
ブログ一覧に戻る