髪を寄付する運動があるのをご存知ですか? | 美容室JOY GROUP 公式サイト | 江坂・茨木・上新庄で美容院をお探しの方へ

STAFF BLOG
スタッフブログ

髪を寄付する運動があるのをご存知ですか?

2017-01-15

村上慶太/ スタイリスト

こんにちは!

 

昨夜から雪が凄いですね。

積もってしまって、交通に影響がでたり、センター試験に影響がでたりと。

皆さんに大きな影響がない事を願ってます。

 

今日の新聞にこんな記事が掲載されていました。


{B27E9472-601D-4BDE-8133-9F5490E6BA11}

 1月15日(日)の朝日新聞の39面です。

髪の毛を切って、寄付しようという活動です。

NPO法人のJapan Hair Donation & Charityがやっている活動です。

『ヘアドネーション』によって

100%寄付された髪の毛で作った

『フルオーダーメイドの医療用ウィッグ』を、

頭髪の悩みを持つ18歳以下の子供たちに

無償でプレゼントしている

日本で唯一の特定非営利活動法人です。

 

この18歳以下の子供に無償でプレゼントするっていう所に共感します。

 

人毛でフルオーダーのウィックを作るとなると、膨大な費用がかかります。

以前、お越しいただいたお客様が「ア〇ランス」で作ったところ、

片手の平の広さで毛足が約15センチで1つ30万円!

洗っている時ようにもう一つ買うと、2つで50万円だったそうです!

高っ!

手のひらサイズって、だいたい分け目のあたりを隠し、ボリュームが出る様に見えるサイズです。

それが30万円・・・。

メンテナンスもちゃんとしてもらえるようですが。

モノ自体は、超完璧!

僕ですら、言われないと分からないクオリティーでした。

本当に微妙な髪質やクセまで再現されていました。

 

これがフルウィック(頭がスッポリ入るサイズ)で、もしロングだったら・・・。

なんぼ程かかるんやろう。

想像しただけで変な汗が出ます。

 

全国の賛同してくれる美容室より髪を送ってもらい、作成し、プレゼントする。

すごく素敵な活動です。

 

いろんな事情で髪がなくなった子供たちには、最高のプレゼントになるだろうな。

女の子だったら、髪型を変えたり、アレンジしたり。

お洋服と違って、毎日簡単に変えれるものでもないんでね。

でも、アレンジならできるはず。

スゴイ幸せなプレゼントだと思う。

 

先日もお客様がこういう活動に賛同したいと言っていただき、カットしたところでした。

でも、寄付をするのに実は、なかなかのハードルがあります。

 

①31cm以上の長さがあること。(31㎝以下は転売などで間接的に役立てています。)

②完全に乾かしてあること。(カビや雑菌の繁殖の原因になるため。)

③切り口を輪ゴム(ほどけないゴム)でしっかり束ね、同じ人の髪を一つにまとめてあること。

​④引っ張っても切れない髪の毛。(カラーやパーマをされていても、特別なトリートメント処理を施して髪質を整えています。)

 

①がなかなか大変かも。

あとは、僕たちでどうにかできます。

 

もし、こういう活動に賛同して頂ける方がいらっしゃれば、遠慮なく言ってください。

今までと違い、ちゃんと賛同サロンとして申し込みもしましたから。

合わせて製作にかかる費用の募金も受けつけている様です。

登録完了後にウチでも募金が出来る様になります。

 

一人でも多くのお子様に笑顔を届けたい。

そんな想いです。

 

HAIR MAKE aLba(アルバ)

06-6380-1085

564-0051

大阪府吹田市豊津町14-4-201

ホームページはこちら

その他のブログ
ブログ一覧に戻る