カット講習 | 美容室JOY GROUP 公式サイト | 江坂・茨木・上新庄で美容院をお探しの方へ

STAFF BLOG
スタッフブログ

カット講習

2005-09-14

村上慶太/ スタイリスト

今日は、店休日

朝10時から全員集合でカット講習がスタート!!
例のごとく、スタイリスト、アシスタント、1年生の3ブロック分け。

スタイリストは、朝のうちはにミーティング。
私たちが目指すカットの「ツヤ」「手触り」「再現性」の3つをどう出していくか?の話し合いをしました。
「ツヤ」や「手触り」などは、特に毛量の調節の仕方が重要です。
軽いスタイルを望まれて、ソギ過ぎたり、表面などに気をつけてるか?
「再現性」については、しっかり切れてるか?ソギでごまかしていないか?
などなど…。
スタイリストによって、価値観的なものが違ってて、中々いい感じのミーティングになりました。

午後からは、スタイリスト全員で雑誌の同じスタイル(今日は、ボブベースのスタイル)を切りました。
時間をしっかり計りながら。
遅ければ、意味が無いので。
そして、誰が切ったか名前を隠して、アシスタント(1年生も含む)達にチェックしてもらいました。
1、スタイルに近いのは?
2、ツヤが出てるのは?
3、手触りがいいのは?
4、再現性があるのは?
の4項目で一つづつ、投票してもらいました。

この投票時、結果発表の時の緊張感がたまりませんヽ(゚゚;)ノ
(昨日の選挙の発表もこんな感じやったんでしょね。)
ほんまに良いか悪いかだけの純粋な投票だったので、今後の参考になりましたし、自分の弱点のわかったのでよかったです。
明日からは、そこに注意していこう!

アシスタントは、ベーシックのカットスタイルのチェックだったみたいです。
結構、レッスンをしてる子としてない子のさが出てきてました。
スタイル自体を理解してない子など、さまざまな状態があったみたいです。
点数を見せてもらった( ̄□ ̄;)!!って感じでした。
これについては、補習をして対応していくみたいです。
(有料で)
教えてもらって当たり前って感じも最近、感じていたので調度、いいかな?
教えるほうも、時間に労力を使いますから。
1日も早く、スタイリストになってお客様の喜ぶ顔を見せてあげたいから。
時には、涙を飲んで鬼になることも必要(T^T)

1年生は、ワンレングスのレッスンをしてたのかな?
後で、聞くとかなり楽しいが、姿勢などがしんどいみたいです。
カットは、姿勢が命なんでチョンボせづにやってほしい。
それが、美容師を長くやっていくコツだから。

みんなでがんばっていこうね。
その他のブログ
ブログ一覧に戻る